回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーションの取り組み

365日リハビリテーション体制

rehabili-recovery_img001
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が 日曜日、祝日、年末年始においても 通常通りリハビリテーションを実施することで、 早期機能回復に努めています。

患者様個々の状態に合わせたサービスの提供

rehabili-recovery_img002
患者様1人1人の状態や生活リズムを考慮した 看護、ケア、リハビリテーションを実施しています。 また、機能回復、生活能力の向上に合わせ、 ご自身で可能となった動作を病棟生活へと移行を図り、今後の生活に繋げていけるよう努めています。

多職種協働でのリハビリテーション

rehabili-recovery_img003
医師、看護師、介護スタッフ、 リハビリテーションスタッフ、医療相談員などによる 毎日の病棟ミーティング、定期的なカンファレンスを 実施することで情報の共有を行い、共通した意識・目標を持ってリハビリテーション医療に取り組んでいます。

嚥下体操や集団体操、レクリエーション

rehabili-recovery_img004
病棟内で食事前の嚥下体操や集団レクリエーションを行い、明るい雰囲気作り、精神面へのアプローチを図るとともに、患者様同士の交流の場を提供しています。

退院後の生活を想定した環境設定、リハビリテーション

入院中にご本人、ご家族との面談の場を設けることにより意向の確認しながら、今後の生活が安心かつ充実したものになるよう退院前訪問や適した介護サービスの提案等をさせていただき、退院後の生活を想定した病棟内での生活環境やリハビリテーションの提供を目指しています。
page-top