院長からのご挨拶

greeting_dr-takaoka
平成29年4月1日付けで豊川さくら病院院長を拝命いたしました髙岡 徹です。当ホームページにアクセスいただき誠にありがとうございます。当院のご紹介とご挨拶をさせていただきます。

当院は開設当時より、一般・療養病棟、児童精神科外来を中心に地域に貢献をしてまいり、近年では回復期リハビリテーションにも大変力を入れてまいりました。 しかしながら、現在、医療はさらに細分化・集約化され、それぞれの医療機関が専門性を活かして役割を分担する時代となってまいりました。当院が位置する東三河では、幸い周辺に急性期疾患を得意とする高い専門性を持った高度急性期病院が数多くあります。

今後は、高度急性期病院患者の早期受け入れ、回復期リハビリテーションとしての機能分化をさらに明確にするとともに、平成29年5月に開設した地域包括ケア病棟を活用し、本当に地域に必要とされる地域密着型医療を理想として発展していきたいと考えています。また、介護施設等への訪問診療にも力を入れていきたいとも考えております。

当院には医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、介護福祉士などの優秀な専門職が揃っております。お互いに研鑽を推し進め、より一層、質の高い医療を提供できるよう、また患者様やその家族様のニーズにお応えできるような体制を構築できるよう、職員一丸となって頑張ってまいる所存です。

皆様のご健康を祈願するとともに、これからも当院を地域の住民の皆様に育てていただければ幸甚です。

2018.1.1
医療法人啓仁会 豊川さくら病院 院長
髙岡 徹
2018.2 株式会社九州医事新報社のwebサイトにインタビュー記事が掲載されました(別ウインドウで開く)
page-top