外来リハビリテーションを受けられる患者様へのお願い

外来リハビリテーションは1回あたりの実施時間が長く、特に言語聴覚療法を行う場合はマスクを外して発音訓練等を行うなど、通常の診療と比べ新型コロナウイルス感染症の感染リスクが高いと考えられますので、院内感染対策の観点から下記事項を遵守いただきますようお願いいたします。

●来院される前に発熱や咳等の症状がないかご確認のうえご来院ください。

●ご本人様または同居のご家族様に過去2週間以内に37.5度以上の発熱や咳などの呼吸器症状があった場合は、リハビリテーションの実施を中止とさせていただくことがございますので、ご来院される前にお電話にてご相談ください。なお、中止した場合の再開基準については、新型コロナウイルス感染症の潜伏期間に準じ解熱後2週間経過後の対応とさせていただきます。

●ご本人様または同居のご家族様が通園・通学されている園や小学校等において、新型コロナウイルス感染者が発生し休園・休校の措置がされた場合は、当該期間中のリハビリテーション実施を中止とさせていただきます。

●ご本人様または同居のご家族様が通園・通学・利用されている園や小学校、放課後デイサービスや児童クラブにおいて、新型コロナウイルス感染者または濃厚接触者等が発生した場合は、状況によってリハビリテーションの実施を中止とさせていただくことがございますので、ご来院される前にお電話にてご相談ください。


患者様、ご家族様には大変ご不便ご迷惑をおかけしますが、院内感染対策へのご理解とご協力をお願いいたします。