児童精神科

子どものリハビリテーションへの取り組み

当院では2歳頃より小学校2年生までの発達が気になる子どもさんを中心に、各専門職種が連携してそれぞれのお子さんが楽しみながら必要な事を学べるようリハビリテーションや支援を提供しています。

当院の小児リハビリの特色

d43ce7251c50a102c96dd454b41d1803
「ことば」の発達がゆっくりであったり、「体」の使い方に不器用さがみられるなど、 「体」や「ことば」、「心」の発達に心配のあるお子さんについての御相談や支援を 発達の専門医の視点からアドバイスを行っています。

言語聴覚療法:「ことば」のリハビリテーション

言語聴覚
ことばの専門家である言語聴覚士による「ことば」がのんびり、 「発音」が幼いなどの「ことば」の問題だけではなく、 集団生活上のコミュニケーションがうまくいかないお子さんに 『楽しく』『できた』を積んでいける様 絵カードや絵本、楽しみながらできるゲームなどを使いながら その子その子に必要な事を学べる為の支援をしています。

作業療法:「感覚と運動」のリハビリテーション

section01_thumbnail05
作業療法士が身体を使った運動や手先が不器用、 運動の発達がのんびりなお子さん、 一緒に遊ぶ事が苦手なお子さん等を対象に お子さんの状態に合わせて様々な遊びを通して 感覚と運動の育ちを支援させていただいています。

地域の皆様との連携

地域の保育園や幼稚園、施設、学校と積極的に連携をとりながら、お子さんに合った環境作りに協力しています。

専門のスタッフがより良い支援方法をチームとして考えアプローチを行っています。
詳しくはこちらをご覧ください
page-top