看護部

看護部長あいさつ

kanngobutyou
当院は病床数92床〈一般病棟36床〔内13床地域包括ケア病棟13:1〕・回復期リハビリテーション病棟56床13:1〉の小規模病院です。地域で人々の暮らしに寄り添って健康を支えています。そのため病院では常に退院後の生活を視野に入れ多職種と連携し、きめ細やかな看護を目指す必要があります。
一方看護の現場を見ると、大規模病院のように多くの看護スタッフがいるわけではありません。しかし離職率は低く、産休復帰率は100%とスタッフが辞めないで働き続けることのできる職場です。
少ないスタッフでより大きな成果を上げ看護が楽しいと思えば定着に繋がっていきます。またスタッフが幸せでなければ、患者様は幸せに出来ないし、真の優しさは生まれません。仕事と生活のメリハリをつけて、笑顔で楽しく働き続けられるような活気ある職場にしていきたいと考えています。
そして看護部の理念である「いつも優しい心で患者様に寄り添い看護・介護サービスの提供に努める」ことを目指していきます。
地域の皆様の健康を守ることに誇りをもってみんなで知恵を出し合って頑張っていきます。
これからも宜しくお願い致します。

医療法人啓仁会
豊川さくら病院
看護部長 髙橋あやい

看護部理念

私達はいつも優しい心で患者様に寄り添い、科学的根拠に基づいた質の高い看護・介護サービスの提供に努めます

看護部方針

  • 思いやりをもって、患者中心の看護・介護を提供します
  • 院内他部門及び地域の医療、福祉機関との連携を深め、継続的な看護、介護を提供します
  • 目標をもって、専門職としての知識・技術・態度の習得に努めます
  • いつも笑顔で活気のある職場づくりに努めます
  • 組織の一員として、健全な病院経営に参画します

看護部目標

1.安全で質の高い看護・介護サービスを提供する

1) 専門性を発揮し、チーム医療を推進する。
2)患者に深く関わり個別性のある看護・介護サービスを提供する。
3)院内・院外の研修に目的をもって自主的に参加する。
4) 指差し呼称の徹底。

2.業務改善と活気ある職場・元気の出る職場づくり

1)あいさつ、報告・連絡・相談の良いコミュニケーション。
2)ワーク・ライフ・バランスを意識した業務遂行に取り組む。
  ①適正な人員配置と適正な時間外勤務管理
  ②前年度より多い有休休暇の取得

3.病院の方針を理解し、組織の一員としての自覚を持ち、健全な病院経営に参画する

1)診療報酬における必要な知識を理解し、病院経営に参画する。
2)適切な病床管理を医師・地域連携室とともに行う。
3) コスト削減に努める。
4)支援セミナーの推進。

4.接遇の向上

1)スタッフに対するお褒めが前年度より増加する。
2)スタッフの対応に関する苦情が前年度より減少する。

看護部委員会一覧

記録委員会
看護記録に関する内容と方法を検討、マニュアルに基づき看護の質の向上と看護の効率化を目指す
環境改善係
患者様が安心して医療を受けていただける環境を提供出来るように、職員一人一人の意識を高めるとともに施設の改善、アメニティ等の充実を図りながら、より質の高いサービスの提供を目指す。
防災対策委員会
災害・防災に関する知識を深めるとともに各部署における現場での具体的な災害・防災時の対応に関する活動を行う。
摂食嚥下係
STなど他職種と協働し摂食嚥下リハビリを推進する。摂食嚥下機能療法を看護部に伝達指導
ICTリンクナース会
ICT・院内感染対策委員会の運営方針に基づき、病棟での情報収集・教育啓蒙・改善活動・マニュアル作りを行い、患者様・医療従事者を感染から守る。
医療安全係
医療安全対策委員会の運営方針に基づき、事故防止・安全管理について検討を行い、安全水準の向上を目指し医療の安全と質を確保する。
認知症ケア対策チーム
認知症ケアに係る看護計画の策定・実施・評価、非薬物療法の検討、運動療法によるBPSD(認知症に伴う行動と心理症状)の軽減 。認知症患者のケアに関する研修の開催。リハビリと協働し認知症ケアカンファレンス・レクリエーションを実施する。
教育委員会
看護部職員の資質の向上、教育理念に沿った看護・介護の提供ができる人材育成のための計画・実施。
看護介護リハ部会
リハビリと目的と情報を共有するとともに、お互いに連携し、諸問題を解決する。リハビリとの合同ケースカンファレンスの開催等。
薬局・看護部会
情報を共有するとともに、お互いに連携し、諸問題を解決する。薬局・看護間に係るヒヤリ・ハット事例の検討。
page-top